イタリア料理を 家庭で美味しく調理しようのTOPに戻る
「イタリア料理を 家庭で美味しく調理しよう」トップ >  ピザ・イタリアンPizza > トマトソース味のモッツァレラチーズを使用した生ハムソーセージとマッシュルームのピザ

トマトソース味のモッツァレラチーズを使用した生ハムソーセージとマッシュルームのピザ




オーソドックスなピザ
材料【1枚分】

【ピザソース】
●トマト…………200g
●トマトジュース…………200cc(1カップ)
●固形スープの素…………1個
●たまねぎ…………1/2個
●にんにく…………1片
●ローリエ…………1枚
●塩・こしょう…………少々
●砂糖…………5g(小さじ1)
●エクストラバージン・オイル(オリーブオイル)…………30cc

【ピザの生地】
●強力粉…………150g
●ぬるま湯…………100cc
●塩…………3g(小さじ1弱)
●砂糖…………3g(小さじ1弱)
●エクストラバージン・オイル(オリーブオイル)………大さじ1
●ドライイースト…………5g
●サラダ油…………少々

【トッピング(お好みで)】
●マッシュルーム…………100g
●たまねぎ…………1/2個
●ピーマン…………2個
●モッツァレラチーズ…………200g
●生ハムorサラミソーセージ…………100g
●ゆで卵…………2個
●アンチョビ…………8切れ(缶詰など)
●サラダ油…………少々

●ピザ(Pizza)の豆知識●

本場イタリアからアメリカ・その他の国へと広まり、現在ではトッピングもアレンジされ、具・ソース・形などバリエーション豊富です。
基本のピザは「小麦粉をこねて丸く、薄く伸ばした生地に色んな具をのせて焼いたもの」で、トマトソースを生地に薄くぬり、シーフード・野菜・ソーセージなどの具とチーズをのせたものが一般的です。

なかには、トマトソースを使用しないピザ、チーズを使わないピザもあり
トマトソースを使わないピザは【ビアンカ】と呼ばれています。

生地の厚さも国により違い、アメリカのピザは本場イタリアのものと比較すると厚めのピザ生地が主です。
その中でも特により厚めのパンを使い、トッピング・チーズ共にたっぷり使用したものを【シカゴピザ】と言います。

今回は、イタリアを代表する食材、トマトソース・モッツァレラチーズ・エキストラバージンオイルなどを使用した、薄いピザのレシピを紹介いたします。



作り方

【ピザソース】
1.たまねぎ、にんにくをみじん切りにします。

2.みじん切りしたたまねぎ・にんにくとローリエを、オリーブオイルで炒めます。

3.トマト(ざく切り・粗みじん)を加えて更に炒めます。

4.トマトジュース・固型スープの素・砂糖を入れ煮込み、塩・こしょうで味付けします。

【ピザの生地】
1.強力粉・砂糖・塩を合わせふるいにかけます。

2.ぬるま湯にドライイーストを加えます。

3.オリーブオイル大さじ1と、ふるいにかけた強力粉類・ドライイーストを加え、しっかりこねます。

4.ボウルにサラダ油を薄く塗り、こねた生地を入れ、ぬれ布巾をかけ時間を置きます。(温かい場所に置き、およそ2倍に膨らむまで発酵させます)


【ピザ(Pizza)】
1.発酵したピザ生地を、直径25僂曚匹亡櫃伸ばし、耐熱皿(サラダ油を薄くぬる)に乗せます。

2.生地にピザソースを伸ばし、薄くスライスしたマッシュルーム・たまねぎ・ピーマン・ゆで卵などをちらします。ソーセージ(生ハム)アンチョビはひとくち大。

3.細かくちぎったモッツァレラチーズをちらし、予熱した220℃のオーブンで15分ほど焼きます。